デヴィッド・ベイリー写真展「Bailey’s Icons」

デヴィッド・ベイリーの写真展が来週末から始まるなんて知りませんでした。(びっくりしすぎて変な声出ました…)

2014年にナショナル・ポートレイト・ギャラリーでやっていた盛大な展覧会「Bailey’s Stardust」の時はInstaに続々上がってくる写真を指咥えて見てただけなので本当に嬉しい!!

私としては、ネットで最も賞賛されてた(と思う)マイケル・ケインのこの超巨大美麗ショットや、ベイリーの撮影風景(だって映画「欲望」のモデルなのだし!)、シュリンプトンやヴェルーシュカ、ペネロペ・ツリー、数え切れないくらいの伝説的なファッションシュートが見たいけれど、レノン/マッカートニーやストーンズのわかりやすい写真になるのかな。。

マイケル・ケイン-デヴィッド・ベイリー

David Bailey by Terry O’Neill, 1965

でもベイリー日本初の個展を開催してくれるのだから文句言ってはバチが当たるね!
大感謝!ありがとうポール・スミス ギャラリー!

「Bailey’s Icons」
会期: 2017年3月25日(土)~5月10日(水)
Paul Smith SPACE GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
TEL: 03-5766-1788
月~金 12:00~20:00/土日祝 11:00~20:00
不定水休

Catherine Deneuve with David Bailey
妻、カトリーヌ・ドヌーヴと。若くて美しいカップル。

David Bailey and Penelope Tree, London, 1965
モテというよりタラシな感じが(いや、実際そうなんだと思う)すごく好き笑

Veruschka Von Lehndorff & David Bailey, 1961.
↑この61年のベルーシュカとの写真が
↓ 66年映画「欲望」のイメージになり…
映画「欲望」Blow up

4492f76b5c384722951acea5cd855cd4
↑この65年にベイリーがVogueのために撮ったmoyra swanのタイツ写真が
↓ 85年にカウントダウンのコンピになって、そして私はネオモッズ沼にハマったのでした…
various-artists-only-time-will-tell-countdown-ab

コスチュームジュエリー展

コスチュームジュエリー・スキャパレリ

スキャパレリのブレスレット/「コスチューム・ジュエリーの世界」展カタログから

先日twitterに
「#ヴェラ展 で出会ったジュエリーデザイナーさんとコスチュームジュエリー話で盛り上がる
→昔行った展覧会プログラム発掘(上写真)
→やっぱり良い!好き!
→冊子説明が良かったので著者をググる
→来週末コレクション展&ギャラリートークの予定?!
→このタイミングに運命感じて白目(イマココ」
というテンション上がりすぎのツイートをしたのですが、詳細を記録。

IMG_2242

確かこの13年前の展覧会はCoppola e toppo(コッポラ・エ・トッポ)の本物を見られる!とワクワクしながら行ったのでした。想像を上回る美しさにすっかりやられてしまい、その年の誕生日には夫にハスケルのネックレスをねだった記憶があります。

今回もオフィシャルサイトの告知にはコッポラ・エ・トッポの写真、和光のサイトには「参考出品:ミリアム・ハスケル」とあるのでとっても楽しみ。あの時に買ってもらったハスケルでもつけて行こうか。

————————

コスチュームジュエリー展 ―小瀧千佐子コレクション─|銀座・和光

今展ではベネチアビーズ、コスチュームジュエリーの
研究家でありコレクターの小瀧千佐子が、
自身のコレクションの中から選りすぐりの作品をご紹介します。

●2017年3月15日(水) ~ 2017年3月20日(月)
最終日は17:00まで

●ギャラリートークショー
ベネチアビーズ・コスチュームジュエリー研究家の小瀧千佐子さんにコスチュームジュエリーの楽しみ方、コーディネート術など、その魅力をお話しいただきます。
3月17日(金)、18日(土)各日14:00~

http://www.wako.co.jp/exhibitions/535

————————-

その時はそこまで気が回らなかったのですが、主催の小瀧千佐子さんはとっても有名なコレクターの方なんですね。千駄ヶ谷にカフェも営んでらっしゃるとのこと。選りすぐりのガラス食器などでお茶が頂けるとか。近々行ってみようと思います。

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-2
TEL:03-6455-4546
営業時間:11:00~19:00

SHOP&CAFE