New shoes day

Giro Empire サイクリングシューズ

やっと届きました!Giroのビンディングシューズ!
この白がなかなか無くて半分諦めてたところ(国内各ショップは黒のみ)、シーズンが変わったせいかネットにぽつりぽつりと出てきたので即凸しました。この写真じゃわからないけど、ロゴがタマムシ色で超可愛いです。早く手を治してロードバイク乗りたい。

それはそうと、他のメーカーにも白いシューズはあるのです。Giroにこだわったわけはこの写真。

Giroがウィゴのレース用に用意したシューズ。リキテンスタインのWHAAM!、ポール・ウェラーのギターにもペイントされてたやつ。(ウェラー大好きのウィゴのためのスペシャルシューズだそうで、ツアーオブカリフォルニアで履いてたのが映った時は思わずTV写真撮ってしまった)

yukieさん(@kiet6)がシェアした投稿

これはカッコええわーと思っていたら、どうやらロードバイク用シューズにペイントして楽しむカルチャーがあることを知りました。スケーターがキャンバスVANSにマジックでペイントするのは見たことあったけど、バイク用シューズでこんなに盛んとは。決して安くはないビンディングシューズに描いてしまう潔さもシビれるけど、それも納得のこのクオリティ!

Velo Kicksさん(@velokicks)がシェアした投稿

これをやるにはなるべくシンプルな白がいい!Giro良さそう!ということでずっと探してたサイクリングシューズ、手に入って嬉しい。しばらく履いたらペイントするつもり。楽しみです。

パティ・ボイド来日とトークショー

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの前妻として有名な(でもわたし的にはUK60-70年代を代表するモデル)パティ・ボイドが3月に来日、写真展とトークショーを行う。

patty-boyd-evening-gown-1960s-photo-john-french

ちょっと前歯が出てて下ぶくれな顔立ちの可愛い子ちゃんタイプだけど、手足が長くすらりとしてて60sの服がよく似合う彼女が大好きで、今回のトークショーをとても楽しみにしてた。

でもサイト発表見たら思ったよりお高かった…。「3月29日開催のパティ・ボイド/Pattie Boydのトークショー。昼夜2部構成で2時間各100名。1/20からネット申込、クラブ会員でなくても購入可能。昼10,000円夜15,000円、軽食ドリンク付き。」

実は今、バイク用のシューズの在庫確認する状態で合わせてペダルも変えなきゃだし、ついでにメットも新調したい。今、万単位で捻出するのはかなり厳しい…。

ところがネット検索していたら、こんな写真が。

pattieBoyd-exhibiton2

ちょっと待って。これパティの衣装なの?こういうのも展示するの?これティア・ポーターじゃないですか?!憧れのティア・ポーター。中でもこのプリントドレスは素敵すぎて、以前facebookにも載せた記憶があったので引っ張り出してみた。

2017-0118-theaPorter

えーーーーー。こんな展示もあるのかしら。ザ・ビートルズ・クラブのサイトには展示詳細載ってないけど、数点でも衣装の展示があるなら行きたいなあ。どうしよう。どうしよう。

<パティ・ボイドがやってくる!来日記念トークショー>
George, Eric & Me 〜 パティが見たあの頃
パティ・ボイド・トークショー
http://www.i-bcc.jp/pattie/

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」-2

chelsea-girls

「DAVID BOWIE is」のあるコーナーにUKポップアート作家エドゥアルド・パオロッツィEduardo Paolozziやアラン・オルドリッジ Alan Aldridgeの作品があった。それだけで「来て良かった感」5割増だったのだけど、ウォーホルの映画ポスターで有名なオルドリッジの「チェルシー・ガールズ」、これがダリの作品から影響を受けていたと知って思わず変な声が出そうになってしまった…!

2007-1109_drawers-of-memory_web

サルバドール・ダリの「Drawers of Memory」(1965)。横坐りするトルソーの体が引き出しになっている不思議な絵は、チェルシーガールズほど寓意に満ちた禍々しさはないものの、薄暗い影のある感覚は確かに似てる。展示ではJ.G.バラードの小説のカバーアートとして展示されてた。

5bb9cdab0229008bc9bb48abed59b9c8

小説表紙だからオルドリッジの目に触れた?その辺は説明が全く無いから今のところ不明。(ボウイともどういう関係で展示されてたのか記憶が曖昧で、展覧会目録買わずに帰ってきてしまったのを激しく後悔中…)

ただ、帰宅後調べて見たら、バラードの短編集「残虐行為展覧会」も翻訳版は違う表紙になっていたけど、その原題「Atrocity Exhibition」はジョイ・ディヴィジョンの曲名だったと知っちゃ読まないわけには。「チェルシー・ガールズ」だって初めて知ったのはFeltの2ndアルバムだった。好きなものがどんどん繋がっていく興奮って最高。次回ボウイ展行った時もこういう発見がありそうでワクワクしてる。