UK 60年代の雑誌 [3]:最高にスウィンギンでヒップな雑誌〜London Life

一昨年、何がきっかけだったか忘れたけれど、ものすごくクールなイラストを見つけて(クールなんて普段使わない単語だけど、これはそうとしか言いようが無いと思った)、それはイアン・デューリーが描いたものだと知ってかなり興奮して調べまくった時期がありました。

そのイアン・デューリーのイラストを表紙に起用してたのが「London Life」という65年創刊の雑誌。

London Life 1965

London Life誌1965年11月号。イアン・デューリーが描いたトニー・ベネット。via Creative Review

ヴィダル・サスーンやファッションデザイナーのエマニュエル・ウンガロが表紙を飾り、ピーター・ブレイクの特集が組まれ、アラン・オルドリッジがデザインを行い、ミニスカートを最初に着こなしたモデル、ジーン・シュリンプトンがファッションエッセイを担当…といったハイセンスお洒落っぷりだったらしいのです。

London Life

写真左、色黒でいたずらな小僧みたいな顔してるのがヴィダル・サスーン、中央のモデルの手を握っている紳士はエマニュエル・ウンガロ。 via Creative Review

それもそのはず、調べてみたら、創刊者はサンデータイムスの元敏腕編集者。スタッフは、後にいろいろな雑誌やアート本で名前を見かける名物アートディレクターを始め、デザイナー、モデル、写真家、マネージャーと、ロンドンの若い才能が集まったドリームチームだったのでした。

そのためもあって、入手はおろか存在すらが都市伝説なんじゃと思えるほどのレアっぷりです。でもラッキーな事にCreative Reviewというデザイン誌で特集を組んでいたので取り寄せてみました。(しかし眠い。明日に続く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です