デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」-1

c1viirxuuaa6ff6-jpg-large

「DAVID BOWIE is」観てきた。内容の濃さに圧倒。2時間では1/3くらいしか見られず、後半は駆け足になってしまった。でも展示前半のDAVID BOWIEというスターが生まれた時代、何にインスピレーションを受けてたのかは特に面白かった。

ボウイの楽曲資料や衣装以外にギルバート&ジョージやアラン・オルドリッジ、ソニア・ドローネ等も紹介される充実ぶり!去年ボウイのオークション見ても思ったけどボウイの好奇心、アンテナの幅広さがそもそもすごい。でもそれをキッチリ押さえたV&Aの底力見た感じ。素晴らしかった

衣装はただただうっとりと眺めるばかり。
こんな細くて薄い体であのビジュアルだなんて、もうこの世のものには見えなかったと思う…!!それにステージ衣装なのにあのコンディションの良さはすごい。もう一度行ってゆっくりじっくり鑑賞したい。

でも今日いちばんのハイライトは、グラム時代、化粧したボウイが「塗った口紅を押さえたティッシュ」。

後は「DAVID BOWIE is」これから行く方へ参考までにメモ。ライブやインタまでしっかり見るには5時間くらい必要かと思う。あと、展示品説明の日本語がわかりにくく読むのに時間食います。今日は入口エレベーター1機のみ、ヘッドフォン配る捌きも上手くないので大行列。チケ購入済なのに着いてから閲覧スタートまで20分程かかりました。

(補足…。5時間というのは、衣装を縫目まで眺めたり、デヴィッド・ボウイもジミヘンを見たと紹介付で67年サビル・シアターのポスターがあって、よく見たら9月にはジョージィ・フェイムもライブ予定だったのか…などとやらしく観てるとそれくらいかかるという参考です…)

【寄り道サイクリング】渋谷:茶亭 羽當

茶亭羽當外観

打合せを兼ねて渋谷の茶亭羽當(ちゃていはとう)へ。ドアを開けた瞬間から珈琲のいい香りで気分がほぐれます。磨かれた木の床や柱も落ち着けて気持ちがいい。平日23時までで、22時過ぎてもオリーブ刺さったサンドイッチが食べられます。渋谷難民になりがち&下戸めな人間にはありがたいお店。

(私のなんちゃってMTB、ボロいけど、どこでも行けてどこでも止められるから、こういう普段乗りにはとても便利ないいヤツ!)

茶亭羽當の珈琲カップ

茶亭羽當はその人に合わせてカップを選んでくれるのだけど、今日わたしはグレーの服だったのでグレーと黄色の花模様の英国C&S、連れはネイビーパーカだったので紺のトワルドジュイだった。こういうの楽しい。

タピオ・ヴィルカラの花瓶

タピオ・ヴィルカラの花瓶

これは、イッタラ社のテーブルウェアで有名なフィンランド人デザイナー Tapio Wirkkala/タピオ・ヴィルカラが、ドイツの陶器メーカー、ローゼンタールのカジュアルラインThomasブランド向けにデザインした小さな花瓶。

このシリーズは他にも数種類あって、滴が落ちていくさまを写し取ったようなパールドロップス、木の葉、岩のパターンなど、自然にあるモティーフがすべて白い浮き彫りで表現されてこんなにモダンになっている。ものすごいデザインの力を感じます。

Rosenthal

この「Blütenfest/花祭り」というシリーズ。泡?波のように見えるから歯ブラシ立てにいいかなと思ったけど、底に穴が無くて使いづらく断念。当初の用途に沿って一輪挿しで使用。大きいサイズの花瓶はいつか欲しいもののひとつです。

#MondayInspiration
#愛こめて語ってみました