被災ペットたちへの支援

先日、被災地のペットたちを支援する団体「ペットのおうち」にささやかながら寄付をしました。

ここに決めた理由は、どこにしようか調べ始めた時タイミングよくTLに流れてきたっていうのもあるけど、犬や猫に限らず、鳥や小動物、爬虫類などにも対応するとしているのがいいと思ったからでした。支援を申し込んだ人には、スポンサーのピュリナのフードや物資を2、3ヶ月分届けるらしい(ってここまで書いて思ったけど、猫様はお口に合わないとすぐにハンストするから一苦労しそうすね…)何はともあれ、これからもうちの豆豆さんのフードや猫砂を買う度に、どこかしらの団体に支援していこうと思っています。

被災地支援 「被災ペットへのピュリナワン(ドッグフード、キャットフード)、その他フードや必要物資等の無償提供 申込受付」/令和6年 能登半島地震 被災地支援プロジェクト :: ペットのおうち
https://www.pet-home.jp/stories/post-8842.php

地域ごとの預かり(老犬老猫の対応含む)や相談はアニドネの一覧がわかりやすかったです。我が家は猫がいるので、被災時でも避難場所には行けないと思っておかないといけません。災害時の備えの一つとして、ペット便利サイトのブックマーク集を作っておいた方がいいなと思いました。

公益社団法人アニマル・ドネーションは、動物専門の寄付サイトを運営する中間支援組織です。動物福祉向上のためにがんばっている人(認定団体)と、支援したいキモチ(寄付)をつないでいます。ご寄付は39の認定団体に届け、その活動内容や資金の使い途まで見守っていきます。
公益社団法人アニマル・ドネーション
https://www.animaldonation.org

ヴェラ・ニューマン-犬柄のシルクスカーフ-1950年代

これはヴェラ・ニューマンの小さなシルクスカーフ。ロゴが古いタイプなので50年代前半のものと思われます(ファンブック14ページ参照)ヴェラさん、犬4頭、猫2頭と仲良く暮らしていたそうで、いくつもの写真が残されています。被災地の皆さんとペットたちも、一刻も早く穏やかな暮らしに戻れるよう祈っております。

2024年謹賀新年

新年早々情けない件を前向きに変えたい話。実は物忘れが一段と激しくなってきて、いろんな事を思い出せずじりじりすることが増えてストレスが溜まる一方なので、こまめにメモを取ろうというのが2024年の抱負の一つ。でもXやInstaは後から探しにくいし、noteやはてなもやってはみたものの、結局好き勝手できるのはWPだったので、このブログを再開することにしました。

ヴェラ関係は基本Insta、思いついたことをぼそっと呟くのはX、SNSで書ききれない感想などの自分メモはこのブログで、というふうに分けて、うまく使い分けるというか付き合っていくのが理想。たまに覗いて頂けたら嬉しい。どうぞよろしくお願いします。(プラグインのメンテなどは追々)

初詣

酉の市の提灯と正月の奉献酒樽は、各々意匠を凝らしたものがずらりと並ぶ様がとても楽しい。でもこの酒樽全てがお神酒として使われるわけじゃなく、御神酒なのは豊島屋という酒屋の「金婚」っていう銘柄一種なのは今年知った。

『酒蔵紹介』
豊島屋本店は、慶長元年(1596)に神田鎌倉河岸(現在の千代田区内神田)において創業した東京最古の酒舗です。居酒屋のルーツとも言われております。弊社の清酒 「金婚」は東京の別格神社である明治神宮、神田明神の唯一の御神酒です。その二社にお納めされておりますのは、清酒「金婚」のみです。

【金婚正宗】株式会社 豊島屋本店

お屠蘇でと思ったものの一升瓶買って飲み切る自信は全く無いので、来年は豊島屋に行ってちょろっと飲んでみたい。

立ち飲み居酒屋「豊島屋酒店」
https://kanda-square.com/shop/toshimaya/

酒樽といえば。

この奉献酒樽を見て、そういえば昔のVogueかなんかに、こういう酒樽の前で撮ったやつがあったよなと思いだした。アヴェドンxべルーシュカの北海道ロケの号じゃなかったかと思って、引っ張り出したけど違ってた。

地獄谷ロケでの美しいファッションシュートが有名な1966年のVogue。Photo by Richard Avedon.

やっぱりね私の記憶もいい加減なもんだな!と思ったわけだけど、一体あれは何の雑誌のページだったんだろう。酒樽の前でモデルが横向きで写ってるモノクロ写真だったんだけどね。ああ、じりじりする。。

【Vera】アイロン台

IMG_9592

【ヴェラ展まであと5日!】
少し前にTwitterでフォロイーさん達とお勧めアイロン台の話をしていたのですが、結局ロレッツ社のものを購入しました。

カマボコ型でもなく人型でもなくカバーの替えが買いやすいのが条件でした。今までのものより大きいけど、その分掛けやすい。難を言えばカバーの下のパッドが柔そうだけど消耗品みたいなものだから仕方ないかと割り切りました。

結論。買ってよかったです。いい道具は仕事を速くするって本当だと思いました。ガタツキも無いですよ。今夜はひたすらアイロンがけ!

行ってみたい店:The French House, Soho

サイト「Jocks & Nerds」でジョージィの特集記事。インタビュアーはパオロ・ヒューイット。

インタビューの場所はソーホーの「The French House」というパブで、マネージャーは、ジャズピアニスト兼バンドマスター、ハリー・サウスの娘さんなのだそうだ。ハリー・サウスと言えばSound Venture。

soundVenture.jpeg

店自体はちょっと寄って飲むこじんまりとしたパブって感じみたい。しかし、こんな店を選ぶなんてさすが。次にロンドンに行く事があったら寄ってみたい。

Unknown-1

The French House
49 Dean Street, London W1D 5BG
http://www.frenchhousesoho.com

記事は後で読む(英語は時間がかかるのよ)
https://www.jocksandnerds.com/articles/georgie-fame

NY 60年代のデザイン:アルコーンとドーフスマン

メモ。NYのグラフィックデザイナー、John Alcorn(ジョン・アルコーン)。1956年にプッシュピン・スタジオに参加。シーモア・クワスト、ミルトン・グレイザーらとチームでデザインを行う。58年CBSに転職、グラフィックデザインの巨匠ルウ・ドーフスマンに師事する。その後フリーランスとして独立。

やはりCBS移籍以降、60年代の作品が好み。

2015-0917-Alcorn

2015-0917-Alcorn-books

2015-0917-alcorn-happyWord-H

こういう版画風?手描きの文字を、発色のいい綺麗な色でプリントしてTシャツとかトートバッグが欲しい。作るか。


こちらは師匠のLou Dorfsman(ルウ・ドーフスマン)。スマートで!洗練されてて!モダンなデザイン!50年も前のものとは思えない。PVもいい。リー・モーガンのSidewinderの洒脱な感じがぴったり。

http://kiet6.tumblr.com/post/129273712237/richardsison-gastrotypographicalassemblage

ルウ・ドーフスマンの元でデザインをしたいから転職したってわかる気がする

The Art of John Alcorn
 ジョン・アルコーン オフィシャルサイト。なんと作品が300点も公開されています。
プッシュピン・スタジオについて詳しく